本文へジャンプ














































少年海援隊規律



  1.正々堂々と生きること
               
     自分に恥じない人になるためには、どのような言動をするべきかを常に考え行動する。

  
 2.人を思いやり自分に厳しく生きること


     優しさだけでなくどうしたらその人のためになるかまで考え、合わせて、自分はどうし
     たら自分のためになるかを考える。

  
 3.夢を語り、夢を追うこと


     大いに夢を語ることで、夢の実現に一歩近づくことを知る。

  
 4.自然を愛し、人を愛すること


     自分を愛するためには、自然を愛し、人を愛することが大切であることを学ぶ。

  
 5.常に向上心をもつこと


     自分を向上させるためには、あらゆるものから学ぶ気持ちが必要であることを知る。

  
 6.人の価値観を許容する広い心をもつこと


     自分だけの考えにとらわれることなく、他を受け入れる広い心を持たなければ、自分の
      価値観を人に理解させることができないと知る。

  
 7.日本の歴史に学ぶこと


     歴史は自然の摂理の結果であり、その歴史を学ぶことにより、如何に生きることが
      天地自然の理に沿うことかを学ぶ。


  
 8.より良い社会を形成する大人になること


     社会に巣立つとき、自分の存在価値が社会にとって必要になるように自分を鍛える。

  
 9.シーマンシップを育てること


     船乗りとしての資質を磨き、判断力を育てる。


                     
                                                                                 
    Copyright (C) 2008 shonen-kaientai. All Rights Reserved